特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

deQuervain病(ドゥ・ケルバン病)

de Quervain病

ドゥケルバン病って何?

手関節(手くび)には、指を曲げたり伸ばしたりする筋(腱)がたくさんあります。

指は日常生活をする上で、ものを握ったり、タオルを絞ったり、食事をしたり、仕事をしたりするためいつも動いています。

男性では指、手首をよく使う仕事をしたり、力のいる作業を続けたとき、女性の場合は子供が産まれた後とか、更年期になりホルモンのバランスが崩れたときに、手首のすじ(腱)に炎症が起こって痛みが生じます。

障害発生部位

これは手首にある親指を伸ばす腱が、狭いトンネル(腱鞘)を出たり入ったりするときに摩擦が生じて炎症が起こるためです。このような病気を狭窄性腱鞘炎(ドゥケルバン病)といいます。

症状は

  • 手首(親指側)の痛みと腫れです。
  • 痛みのために物が持ちにくくなったり、仕事や家事がしにくくなります。
Finklestein test
  • 特に親指を中に入れて握った状態で手首を小指側に曲げると痛みが増強します。



治療方法

  1. まず安静にして手を動かさないように心掛けることが必要です。

    装具による外固定を行い,腱を動かさないようにする方法があります。

  2. 炎症を抑える薬とか湿布、軟膏を用います。

  3. 痛みを和らげるために電気治療、温熱療法、軽いマッサージ、ストレッチを行います。

  4. 痛みがひどいときには炎症止めの注射がよく効く場合があります。

  5. 円皮針を使用することで痛みを和らげる場合があります。

※2〜3 カ月間,上記の治療法を行い症状の改善がなければ手術 (腱鞘切開術)を考えます。

治りにくい方はたいてい親指の安静ができていない人(治療期間中にもよく使ってしまう人)が多いようです。

[check]完治するまで時間がかかりますので日常生活の動作においても親指を使わないようにする工夫をしなくてはなりません。
できるだけ長期化させて手術にならないように根気よく治療することが大切です。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional