特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

肉離れ

肉離れ

肉ばなれとは

筋肉の一部の何らかの損傷であり、多くはスポーツの動きによっておこります。
スポーツ中、筋肉に急激で強い引っ張る力が作用して筋肉が損傷されます。

この引っ張る力とは、筋肉の限界を超えてのばし拡げる力が加わった場合、あるいは筋肉が自動的に急激な収縮をおこした場合などに生じます。

下肢に発生することが多く、とくに大腿の後面および前面の筋肉に多く、次いで下腿の後面の筋肉にもよく発生します。

原因

発生原因は?

原因は打撲などの直接的な外傷(ケガ)によるものではなく、自家筋力の強力な筋収縮による筋肉の部分断裂です。

  1. 筋肉の柔軟性低下
  2. 筋力低下
  3. ウォーミングアップ不足 が考えられます。

症状

ケガをした瞬間に筋肉に刺すような痛みを感じます。
ときには、他人に蹴られたように感じたり、損傷音(プッッ)と言う音が聞こえたりします。その瞬間から強い痛みがおこり、走ることができなくなります。

受傷程度によって3段階に分類されています。

Ⅰ度(軽症)

  • 少しの圧痛がある
  • 患部の陥凹はほとんどない
  • 歩行は可能だが、ランニング時などに痛む

Ⅱ度(中症)

下腿部の肉離れ
  • 圧痛がある
  • 患部の陥凹が確認できることがある
  • 内出血が起こる
  • 歩行は困難で、ランニングなどは不可能

Ⅲ度(重症)

  • 強い圧痛がある
  • 患部の陥凹が確認できる
  • 内出血が起こる
  • 歩行、立位が不可能
  • この場合には、筋断裂と診断されることが多い
  • 手術の適応になることもある

治療方法

急性期(受症直後の処置)回復期(後療法)に分けて考えます。

【急性期】 ※RICE療法という治療をします。

肉離れを起こした直後は、損傷や出血を拡げないように発症から48時間以内は安静、冷却、圧迫、挙上を徹底します。

【回復期】

  • 局所の循環回復をはかり損傷した組織の修復を促します。
  • 温熱療法や軽いストレッチングを始め、自発痛、圧痛、動作時痛、ストレッチング痛をみながら運動を開始します。
  • 自発痛消失はストレッチング開始の、圧痛や動作時痛消失は軽いジョギングの、ストレッチング痛や抵抗運動痛の消失は運動負荷の強度を上げていく目安としてください。
  • 軽傷では3週間中等症では6週間が後療法の目安となります。重傷の場合は数ヶ月かかります。

[check]初期治療が不十分だったり、的確な後療法行わないと、競技復帰後に違和感があったり、運動痛が取れない、何度も繰り返し肉離れを起こしてしまうなどという後遺症を残すことがあります。


予防方法

肉離れの予防としては日頃から十分なストレッチングをおこなうこと、疲労の蓄積を防ぐことなどがあげられます。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional