特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

手根管症候群

手根管症候群

どうして病気がおこるのか

手のひらの中枢部に、手根骨と横手根靱帯でつくられる手根管と呼ばれるトンネルがあります。

手根管の位置

この中には、正中神経(母・示・中指と環指の中指側の知覚と母指のつけ根の筋肉を支配)と屈筋腱が通っています。

手根管症候群とは正中神経がその手首にある手根管というトンネルで圧迫された状態のことをいいます。

原因の多くは、手の過度使用腱鞘炎ホルモンの乱れ(妊娠、出産、更年期など)の影響で発症します。そのほかの原因には、骨病変、腫瘍、腫瘤、人工透析に関係したものなどがあります。

発症の頻度は女性が男性の約五倍多く、妊娠出産期更年期に二回の発症のピークがあります。

代表的な症状

母指、示指、中指先端の知覚異常
  1. 手指のしびれと知覚障害
     (示指、中指を中心に指先の感覚が鈍くなる)環指、母指に及ぶこともあります。
  2. しびれで目がさめ、指を動かしたり、手を強く振ることで軽減する。 ※夜間痛は特徴的です。
  3. 朝の手指のこわばり
    OKサイン不能
  4. 母指のつけ根がやせて細かいものをつまむ動作がうまくできなくなる。
     ※OKサインができなくなります。

診察では (検査方法)

 以下の検査で陽性反応が出れば手根管症候群の疑いが強いです。

チネルサイン
  • 手首(手のひら側)をたたくとしびれ、 痛みが指先にひびく。
    (Tinel徴候)



ファーレンテスト
  • 両手の甲を合わせてしばらくすると症状が悪化する。
    (Phalen test)



治療方法は

  • 手の酷使で発症する場合が多いので、治療はまず手の使用を控えて安静にします。
  • 腕を下げっ放しにすると良くないのでできるだけ腕を時々上げておくこともいいことです。
  • 安静にしにくい場合は手首の固定をすることで改善します。
      ※症状が夜間痛のみであれば就寝時だけの固定(night splint)をします。
  • 三ヶ月程度の安静で改善しなければ、母指球筋がやせてくる前に手術が必要です。
     手術は手首の掌側を約3センチほど切って神経を圧迫している靭帯を切り離します。

 ※しかし、母指球筋がやせてしまった場合は手術してもなかなか症状が回復しないのが現状です。また、長い間圧迫を受けてきた場合、圧迫された神経は細くなっており、手術をして圧迫を取り除いてもすぐに 神経が膨らんでくるわけではないので回復に時間がかかります。

電気治療などは治癒期間を早める1つの手段です。わからないことがあれば何でも聞いてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional