特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

アキレス腱損傷

アキレス腱炎

アキレス腱炎とは

アキレス腱自体が微細な部分断裂によって炎症を起こした状態です。
一般的なオーバーユースによるケガの一つで、特に長距離ランナー・サッカー・バスケットボールの選手によくみられます。

筋肉が腱に移行する部分や腱が付着している上部、約2cm位の腱が最も細くなっている部分に起ると言われています。

その他、アキレス腱の障害として、アキレス腱周囲炎(アキレス腱を覆っている膜の炎症)、アキレス腱部滑液包炎(アキレス腱付着部付近にある滑液包の炎症)などがありますが症状や治療についてはほぼ同様です。

アキレス腱の障害

このようなアキレス腱の炎症の初期では少し走って体が温まってくると痛みが軽くなるので無理をして慢性化しやすく注意が必要です。

原 因

  1. スポーツ活動や長時間の作業による慢性的なアキレス腱への刺激
  2. 生まれ持ったかかとの骨の形状や、シューズの不適合
    回内足
  3. 足の筋柔軟性低下や配列異常(回内足など)
  4. 動的アライメント(動きの中での足部の傾き)
  5. 練習量の増加
  6. 走行面の硬さ
  7. 準備運動の不足
  8. 走るときに身体の上下運動が激しい(不良なフォーム
  9. 両下肢の長さが違う(片足の負担が大きい)など。

症 状

痛み(初期は坂道を登るときなど)や腫れ、足首の運動障害や歩行障害、アキレス腱の肥厚や圧痛、足首の運動制限などを認めます。
レントゲン検査では特徴的な異常所見はありません。
時に、アキレス腱の肥厚(CR軟部組織撮影)やアキレス腱付着部に骨のとげを認めることもあります。

治 療

  • 冷やして腫れや痛みを和らげる事が先決で、痛みの原因となった活動を中止して下さい。
    通常、原因となった動作をやめれば4週間程度で炎症はおさまってきます。
ヒールカップ
  • 歩行時は一センチくらいの厚みをもたせたパッド(ヒールカップ)をかかとの下に敷き込み、ローヒールの靴を履くような感覚にすると楽です。
  • また、痛みのある間は運動の種類を変えることも良いでしょう。
    (サイクリング・水泳などに切り替え、全身持久性の能力を低下させないようにするなど)
  • 痛みが引いてきたところで温熱療法やストレッチング、筋力強化訓練を行います。
踵骨外反
  • 痛みがなかなか良くならない・再発しやすいときは、アキレス腱に負担がかかりやすい身体になっていることがあります。
    回内足変形や足のアーチの低下など

    その場合アキレス腱にかかる負担を軽減する目的で足底板の装着を勧めます。
  • 活動が可能になっても、 急に走り出したりせず十分ストレッチを行い腓筋やアキレス腱を伸ばし軽い運動から始めるようにして下さい。
  • 保存的治療にて改善されなかったり再発を繰り返す場合、スポーツ活動への早期復帰を希望される場合手術をすることがあります。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional