特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

鵞足炎

鵞足炎

鵞足炎とは?

縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)が腱となり膝の内側で脛骨の上部に付着しています。

鵞鳥の足のような形をしているから、鵞足って呼ばれています。

鵞足炎が発生する場所

鵞足炎は、この鵞足腱や鵞足包(鵞足と内側側副靱帯の間にある滑液包)が炎症を起こしている状態です。

陸上競技やサッカーの選手に多く、ランニング動作で脚を後ろに蹴り出す時やサッカーのキックで蹴り出した脚を減速させる時などに、過度の負荷がかかったり、鵞足と内側側副靱帯とがこすれあったりして起こります。

また、X脚や回内足が原因の場合にも内側の靭帯と骨との摩擦が大きくなるため発症しやすいです。

<参考>

滑液包の作用は腱や靭帯から受ける衝撃を吸収し、摩擦を軽減し、機械的な刺激や圧迫を緩衝しています。しかし、何らかの原因で滑液包が炎症を起こすと、反応性に滑液が増え、脹れや痛みを引き起こします。

症状は?

鵞足部の圧痛と炎症があります。
特に、膝をいっぱいにまで伸ばしたときにこの部分に痛みが起こりやすいのも特徴です。

内側ハムストリングスのストレッチングや,下肢の外旋位にての伸展挙上や膝抵抗屈曲で疼痛が誘発されます。

痛みが長期間改善されず、治るまでに数ヶ月を要することも稀ではありません。

治療方法と予防方法

  1. 痛みが強い時は、患部に消炎鎮痛剤などをぬり、安静にする。
  2. 電気治療や急性期における寒冷療法、あるいはそれ以降に対しては温熱療法で筋肉などの血液循環をよくする。
  3. 鵞足部を形成している3つの筋肉に対してストレッチマッサージをして筋肉の緊張緩和をする。
  4. ウォーミングアップ不足や、急に長い距離を走ったり使いすぎないよう十分に注意する。
  5. 鵞足部に負担がかからな様な足底板装具を着用する。
  6. すぐに再発しやすいので十分に安静期間をおくことも大切です。
※特にストレッチの方法などわからないことがあれば何でも聞いてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional