特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

腸脛靱帯炎

腸脛靭帯炎

どのような疾患?

膝から股関節の外側には脛腸靭帯という長い靭帯があり、この靭帯の摩擦で炎症を起こすものが腸脛靱帯炎です。

ランニングによって起こる疾患の1つで、長距離ランナーに多発する事より「ランナー膝」とも呼ばれています。

原因は?

オーバーユース(使いすぎ)が原因です。
ランニング中に膝の屈伸を繰り返す事によって腸脛靭帯が大腿外側上顆部で擦れ、炎症を起こして発生します。
ウォームアップをせずに無理な運動をした場合に起こりやすいです。

また、膝にO脚を認める人や走行時に足の回内を強めて走る人、腸脛靭帯の緊張の強い人はこの部位が擦れやすく炎症を起こしやすいです。

症状は?

大腿骨外側上顆部
  • 運動すると、膝の大腿外側上顆部という部分に痛みが出てきます。
  • 休むと楽になりますが、再び運動を再開すると痛みが出てきます。
  • ひどくなると歩くのも痛く、特に階段の降りるときに痛みが増します。
  • 痛み部分の摩擦を軽減するために、膝を伸ばしたままで歩行します。

〜grasping test〜(グラスピングテスト)

腸脛靭帯を外側上顆部で押さえ、膝を伸展させると痛くなります。


治療方法

ストレッチの方法
  1. 保存的治療(手術しない方法)が原則です。

  2. 難治な例では手術をする方法がありますが通常は保存的に治癒します。

  3. ランニング動作を一次中止してください。
     十分な休息を取ることが大切になってきます。

  4. 電気刺激療法(低周波など)、鍼治療、(消炎鎮痛剤軟膏)マッサージをします。
     筋肉が硬くなっているので、筋肉の緊張を和らげることが回復につながります。

  5. 腸脛靭帯のストレッチを覚えましょう。
     靭帯の付着部のみではなく、お尻の筋肉や太ももの筋肉、下肢の筋肉までゆっくりと伸ばしていきましょう。

  6. 再発を繰り返す症例やO脚の強い症例では足底板を着用します。
     腸脛靭帯に負担がかからないように外側を高くします。

− 予防方法 −

  • 運動前後のストレッチが大切です。運動前は十分にウォーミングアップし、運動後はアイシング(冷やす)ことです。

  • 傾斜のある場所の走りすぎには特に注意が必要です。 トラック競技や側道を決まった方向(側)で運動しないこと。


      [check]なぜなら...
    1. トラック競技では反時計回りのため右足外側に遠心力がかかり腸脛靱帯が引っ張れるため。
    2. 側道には水はけのため道路中央よりも低くなっており道路端の腸脛靱帯に負担がかかるため。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional