特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

腓骨筋腱脱臼

腓骨筋腱脱臼

どのようになってるの? どのようなケガ?

このケガは、比較的まれな疾患でありますが、外傷性腱脱臼の中では最も多い損傷 です。

[check]よくスキーやスノーボード靴の中で捻挫と間違えられるのが腓骨筋腱脱臼です。

腓骨筋腱の走行

腓骨筋はふくらはぎの外側にある筋肉で、足を外がえしさせる働きがあります。
長腓骨筋と短腓骨筋というの2つの筋肉があります。この筋肉の腱の部分は外果(外くるぶし)の後ろ側を通過し足の骨にくっついています。
足首を内側にひねると、この腱が(腱がはずれないようにおおっているバンドが破れ)外果の後ろ側からはずれて脱臼してしまいます。



原 因

長腓骨筋腱が脱臼した状態

足関節を捻った時が一番多く発生し、直接けられた時や器械体操での着地、あるいはジャンプをしようとして、スキーでのエッジを効かせた状態で足をふんばった時によく発生しています。

※脱臼した時の状態 (外くるぶしに腱が乗り上げます。)



症状は?

  1. 新鮮外傷(急性期)では外顆部(外くるぶし)の疼痛、腫脹があります。
     単純な足関節捻挫・靱帯損傷との鑑別(見極め)が重要となります。

  2. 陳旧例(損傷してから時間が経っているとき)では、激痛はありませんが足関節背屈(つま先をあげる)時の疼痛、歩行時の倦怠感(だるさ)、不安定感、などがあります。

  3. ダッシュ、ジャンプ、ランニング、ターンなどのスポーツ動作によって、簡単に脱臼を起こしてしまい、疼痛と恐怖感でこれらのプレーが不能となってしまうことが多いです。

治療方法は?

  1. このケガのほとんどが手術の適応となると考えてもいいと思います。
    (とくに今後スポーツをする人にとっては)

  2. 新鮮例では受傷後早期にギプスを約1ヶ月間巻いて治る場合もあります。

  3. 日常生活に支障がなければ手術をしなくてもかまいませんが、多くは脱臼が再発し、頻繁にはずれるようになります。
    (はずれにくいようにするサポーターを装着します。)

  4. 陳旧例で脱臼することに恐怖や不安を感じる方は手術を勧めます。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional