特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

有痛性分裂膝蓋骨

有痛性分裂膝蓋骨

分裂膝蓋骨とは

先天的に膝蓋骨(お皿)が2つ以上に分裂している状態(割れている状態)を言います。

全く症状を認めない症例(無痛性分裂膝蓋骨)と、痛みなどの症状を認める症例(有痛性分裂膝蓋骨)とに分かれます。

分裂膝蓋骨のタイプ

無痛性は問題ありませんが有痛性は治療の対象となります。

分裂の仕方は外上方型が多いです。
スポーツ活動などでの発症が多いため、男性に起こりやすいのも特徴です。



症状は

  • スポーツ活動や重労働時の膝蓋骨外側上部の疼痛が主な症状です。
  • 分裂部に圧痛と腫脹を認めます。

日常生活などでは障害が出現することは少ないですが、この分裂部にジャンプやランニングと言ったスポーツ動作などの使いすぎでストレスが加わり痛みが発生することがあります。
また、打撲や膝の捻転によって一層強い症状を引き起こします。

[check]レントゲン撮影にて分裂部がはっきりとわかりますが骨折との鑑別が必要となります。

レントゲンでの見え方

治療方法

治療は保存的治療(手術しない方法)が原則です。

  1. スポーツ活動での練習量をしばらく減らしたり、安静にすることで症状は軽減することが多いです。
  2. リハビリテーションとして電気治療、温熱療法などを行います。
    [check]特に痛みが強い場合や運動後はアイシング(冷やす)をします。
  3. 大腿四頭筋(ふともも)のストレッチングをして膝蓋骨を引っ張る負担を減少させます。
  4. マッサージをすることで大腿部の筋肉の緊張を緩めます。
  5. これらにて改善の得られない症例は分離部に局所注射を試みます。

☆基本的には3〜4週間程度のスポーツ活動の中止、すなわち安静を守ることが一番の治療です。

しかしこの期間安静を守り、治療を続けているにも関わらず症状が軽快しない場合には、分裂部の摘出や接合という手術の方法も考えられますので、自分勝手な判断は避け、わからないことがあれはすぐに相談して下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional