特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

各傷病と治療方法

様々な野球肩の疾患(タイプ)

[check] 野球肩で特に多い疾患を説明します。

肩関節前面の解剖
肩関節断面の解剖










インピンジメント(衝突)症候群

衝突を起こす部位

肩峰と鳥口肩峰靭帯と鳥口突起で構成される鳥口肩峰アーチの中に肩峰下滑液包と腱板が存在します。
肩の使い過ぎによって肩峰下滑液包と腱板が炎症を起こし、これらが肥厚、変性して鳥口肩峰アーチと衝突し、肩の痛みや運動障害を起こす疾患です。
また、進行すると腱板断裂(不全断裂が多い)へと移行します。

  • 『症状は』
    肩の挙上時(腕を肩より高く上げる時)に痛みを訴え、しばしば夜間痛を認めます。

リトルリーグ肩

投球動作によって上腕骨骨頭の骨端線が損傷される疾患です。
別名、上腕骨近位骨端線離開とも呼ばれます。

大半が投球回数の多い投手か捕手に発生します。
十分な筋力がなく、過度の関節の柔軟性を認める小児期に、間違った練習方法や練習のやり過ぎによって発生します。

加速期からリリース期にかけては、特に肩の内転筋群と内旋筋群が酷使されます。リトルリーグ肩は、これらの動作の繰り返しによって上腕骨近位骨端線に異常な回旋ストレスと牽引力が加わり、骨端線が損傷されると考えられます。

  • 『症状は』
    投球時の肩の痛みや脱力感、運動障害です。
    痛みの場所は他の野球障害のように肩の前方または後方に限局
    しておらず骨端線全周にわたって痛みが存在します。
    あらゆる方向の肩の運動で痛みが誘発されます。

ベンネット障害

長い年月投球動作を繰り返す事によって上腕三頭筋肩関節後方の関節のふくろが過緊張し、肩関節を形成している肩甲骨臼蓋後上方に骨棘と言う軟骨が生じます。
それが少しづつおおきくなる事によって上腕骨頭に衝突したり腋窩神経を刺激したりします。

  • 『症状は』
    フォロースルー期に肩の後方に痛みが走ったり、大きくバックスイングをしたときにきゴリっと音がして肩が抜けたような状駅なり数日間痛みが持続するという事も起こってきます。

SLAP lesion(肩関節窩上関節唇損傷)

肩関節の関節窩の上方部分は上腕二頭筋長頭腱が関節唇に付着しています。
その場所に急激な牽引力が加わり関節唇が損傷します。

  • 『症状は』
    投球動作のフォロースルー期の疼痛,外転・外旋時の引っかかり感、亜脱臼感などです。



治療方法

[check]ほとんどのタイプの野球肩に使えます。

安静

基本的に野球肩で大切なことは、まず投球を禁止して肩関節を安静にすることが一番です。
程度(ひどい痛み)によっては、三角布・バンドによって3週間程度固定します。

特に、リトルリーグ肩は投球を禁止すればしっかり治ります。

投球禁止期間はひどいものだと6ヶ月間、中程度では3ヶ月間、軽いもので1ヶ月間です。

電気療法、針治療、マッサージ

電気治療や針、マッサージにより疲労うっ血した筋肉の緊張を除去し早期回復を促します。

筋力強化とストレッチング

  • 筋力強化
    肩関節を安定させるためには、腱板と呼ばれる靭帯の役目をする筋肉(インナー・マッスル)を強化する必要があります。

    特にインナーマッスルの強化が大切です。
    軽い負荷で、ある特定の可動域での繰り返し動作を行うトレーニングです。

インナーマッスルの鍛え方

  • 外旋運動(棘下筋・小円筋)
  • 内旋運動(肩甲下筋)
  • 外転運動(棘上筋)
  • ストレッチ
    特に肩関節周囲全体をしっかりと伸ばしましょう。
  • 棘上筋
  • 棘下筋・小円筋
  • 三角筋
  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋

予防方法

  1. 練習前後のストレッチングを十分行う。
  2. 普段から肩の筋力強化のトレーニングを行っておく。
  3. 自分にあった道具やフォームの改善などにも気をつける。
☆完全復帰するまで焦らず徐々に投球数や投球距離を増やしていくことが重要であり、野球現場の指導者の協力と理解が不可欠です。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional