特殊治療としてはインソール療法(シダス&ディモコ)と巻き爪ケア(ペディグラス)を取り入れています。

開業16年目となりました。滋賀県草津市の琵琶湖の近くにある鍼灸整骨院です!からだの痛みは何でもご相談ください。

前十字靱帯損傷

前十字靱帯損傷

前十字靱帯の役割

膝関節は前後の動揺(ぐらつき)を防ぐために、十字の形をした2本の十字靭帯、すなわち前十字靭帯と後十字靭帯が存在します。

またこの2つの靱帯により膝の回旋運動も制御されています。

後十字靭帯は親指程度の大きさで、前十字靭帯は小指程度の大きさです。強度は後十字靭帯が前十字靭帯より強いため、後十字靭帯より前十字靭帯の損傷を多く認めます。

その中でも前十字靱帯は下腿(すね)が前方にずれることと内旋(内側にひねる)しすぎないように防いでいる靱帯です。

どのようにしてケガするの?

スポーツ外傷に多い頻度で見られます。
   ※バスケットポール,スキー,バレーポール,サッカーなど

  • 膝の外側からタックルされたとき、ステップを切ったとき、ジャンプして着地したときなどに膝がガクッと外れて損傷することが多く、断裂が生じると、膝関節の不自然なねじれが生じ、スポーツすることが困難になります。

症状は?

ケガした瞬間に「ゴリッ」や「ポキッ」、「プチッ」などの音を伴うこともあります。
その時に膝がはずれたと感じることもあります。

前十字靱帯

初期の症状は膝関節の

  1. 痛み
  2. 腫れ
  3. 運動障害
  4. 関節内血腫 です。

時間が経過した状態では

  1. 「膝がぐらぐらする」
    走ってきて止まろうとしたり、階段昇降などで膝がズレルような感じがする 
    下腿部が前方不安定になる
  2. 「膝に力が入らない」
    歩行中に不意に膝がガックと抜ける感じ
    膝くずれ現象といいます
  3. 「膝が完全に伸びない、正座ができない」
    膝がひっかかる様な感じがする
  4. 「スポーツ復帰して何度も膝をはずしてしまう」
    急なストップ、方向転換などの動作ができない、痛い
  5. 「膝が腫れて、熱をもつ」  などです。

治療方法は?

  • 前十字靭帯は、一度断裂してしまうと自然につながったり、断裂部を縫合(ぬってつなぐこと)して治すことは出来ません。
    したがって、靭帯再建術(他の組織を使って手術的に靭帯を作り直すこと)を行うことになります。
    しかし,前十字靱帯再建術は侵襲が大きな手術であり,術後リハビリテーションに長期間(6〜12カ月)かかるため,若年者で日常生活に支障があるか,スポーツ活動を積極的に望む場合が手術の適応と考えられています。

  • 手術をしない方法では装具療法(硬性装具とサポーター)や筋力強化訓練が主な治療法となります。
    この靱帯が損傷されると膝関節の安定性が著しく損なわれ、関節が必要以上にずれる感じになります。また、不安定な状態で放置すると関節内の磨耗も起こり、半月板の損傷や骨の変形を招くことにもなりかねません。

◎どちらの方法でも太ももの筋力強化やストレッチングを日々行なう事が大切です。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional